もっとフラダンスを楽しむために!フラの衣装ガイド

HOME » フラダンスの衣装ってどんなもの?フラ・カヒコ編

フラダンスの衣装ってどんなもの?フラ・カヒコ編

初心者の方に向けて、「フラダンスの衣装ってどんなもの?」「フラ・カヒコとはどんなスタイル?」という疑問点について、わかりやすく解説中。

フラダンスの衣装 フラ・カヒコ編

フラ・カヒコの衣装「フラ・カヒコ」とは、現代的で自由な「フラ・アウアナ」とはちがって、歴史がある古典的で宗教的なフラダンスのことを指します。

フラ・カヒコは、古典フラとも呼ばれますが、その名の通り古代ハワイから伝えられてきた、古い形式のフラダンスのことをいいます。「カヒコ(Kahiko)」とは、ハワイ語で「古い」「古代の」「はるか昔の」という意味を持っているそうです。

フラ・カヒコは、神様にささげる神聖な踊りと考えられていました。最初に「オリ」という詠唱を読み上げたあと、歌い手の歌を指す「メレ」に合わせて踊り出すという規則があります。メレはオリに節回しがついたもので、私たちがイメージする「歌」に近いもののことを指します。

昔は、男性のみが踊ることを許された神事

フラ・カヒコを踊るときは、「イプ」というひょうたん型の打楽器に合わせて、オリやメレが唱えられ、それらに合わせながら儀式にのっとった形でダンスを踊っていきます。

今、私たちがイメージするフラとはまったく違っていて、優雅にウクレレの音に合わせて両手をゆらゆらするような踊りではなく、宗教的で神聖な踊りで、神や自然への礼拝の意を込め、詩を唱えながら踊る形をとっていたようです。かつては踊ることが許されていた人は限られ、修行や訓練を行った選ばた男性だけでした。

もちろん、今では女性も踊ることができますが、神事などの神聖な儀式は、ハワイでもかつては男性が行うものだったようです。

フラ・カヒコは上級者向けのフラダンス

フラ・カヒコには、現代のフラ・アウアナにはない力強さがあります。カヒコのダンスを見ると、フラダンスがもともと男性の踊りだったということが納得できる不思議な強いパワーさえ感じられます。

カヒコを踊るときは、化粧をしたり、アクセサリーを身につけることはできません。このことは、特徴の一つに挙げられますが、このほかにも、「フラ・カヒコ」の楽器や歌詞などにも、太古のハワイの文化や伝統があふれていて、垣間見ることができます。

このフラダンスを踊ることは、ハワイの文化や歴史を表現して、次の世代へと継承していくことでもあります。精神的な面からも、フラ・カヒコはフラダンスを経験している上級者におすすめする踊りといえます。まずは、半年以上は現代のフラの基本を学んでから、フラ・カヒコにチャレンジすることをおすすめします。

 
はじめてさんのためのフラダンス衣装なび