もっとフラダンスを楽しむために!フラの衣装ガイド

HOME » レイ・髪飾り…衣装以外に揃えたいフラのアイテム » その他のアクセサリー

その他のアクセサリー

フラダンスに使用されるネックレスやブレスレットなどのアクセサリー類はどのようなものがあるか、アウアナ・カヒコそれぞれの特徴を含めて解説しています。

アクセもフラダンスを楽しむための1つです

アクセサリーといえば、フラダンスを楽しむためのアイテムのひとつですよねかわいらしい鮮やかな花のヘアークリップやシュシュ手足につけたカラフルなお花のレイ(「レイクペエ(Lei Kupee)」とよばれます)などなど。

しかし、これらの華やかなアクセサリー類は、すべてフラ・アウアナを踊るときのみに着用することができます。古典的な神事として踊られるフラ・カヒコでは、原則としてアクセサリー類は身につけてはいけません。貴金属がNGなのはもちろんのこと、色合いもピンクや赤、オレンジなどの派手な色のものはNG。フラ・カヒコは神聖で厳粛な踊りとされているため、衣装も含めていずれもアースカラーに近い、自然を材料としたもののみ着用してよいとされています。

もし、どうしてもヘアアクセサリーを使いたいときなどは、ククイナッツのブレスレットのような小さいレイでまとめるなどすると、少し落ち着いた雰囲気になります。ハワイの天然素材で作られたものを取り入れるとよいでしょう。

アウアナとカヒコでアクセの選び方が変わります

基本的に、フラを踊るときは、「レイクペエ(Lei Kupee)」とよばれる手足につけるブレスレットアンクレットのようなレイを身につけます。花や葉っぱを使って作ったレイが使われることが多いようです。

これらのレイクペエの選び方は、フラ・アウアナを踊るときは、お花が中心。使用される花も、赤、黄色、オレンジなどのカラフルなものを使って、とても華やかに飾り付けをします。フラ・アウアナは、より自由なスタイルなので、ハワイ産以外の外来種の植物を含んでもOKとされています。

一方、古典的なフラ・カヒコを踊るときに手足につけるレイは、ハワイに最も身近にある植物「ティーリーフ」や「シダの葉」などが中心で、原則として手首と足首で、同じ種類のものを身につけるようにします。フラ・カヒコでは、これらを身につけて踊ることで、魔除け的な意味も込められているのだそうです。

ハワイアンキルトを楽しんでみるのもお勧め♪

また、ちょっぴり余談ですが、フラダンスを楽しむためのアイテムの1つとして、「ハワイアンキルト」を使ったバッグやポーチなどの小物を利用するというのもあります。

ハワイアンキルトは、ウル(パンの木)、ティーリーフ、パイナップルなどハワイらしい自然をモチーフにしたデザインのものがたくさんかあり、ハワイやフラダンス好きのあいだでは、「たまらない!」という、“ハワイアンキルトフリーク”の方もたくさんいるようです。

いっそのこと、スクールに持っていくフラグッズを入れるバッグをハワイアンキルトにしてみると、より気分を盛り上がることでしょう

ハワイアンキルトは、1つのモチーフから外側に向かって放射線状に広がっている独特のデザインが特徴とされています。ハワイアンキルトでできた大きめのトートバッグなんかは、レッスンバッグとしても最適ですよ。

 
はじめてさんのためのフラダンス衣装なび